第4回プレ起業塾 報告

7月6日(木)、まなびとJOBステーションにて

「プレ起業塾」が開催され、9名の学生が参加しました。

 

学生は、様々な角度からアイディアを出し合い、

こんなに柔軟な発想を持った学生の力を地域に活かさなければと、心強く感じた起業塾でした。

 

講師(北九州市立大学地域戦略研究所 田中ひろみ先生)の実体験、

「小さく始める起業のケース」では、ここでしか聞けない突っ込んだ話しもあり、90分のなかでは、終始学生の疑問などにも対応。

 

★「発想」ワークは、身近にある「財布」を題材に「1からn」を創出するアイディアを出す練習。

学生からは、現代的なアイディアも続々と・・・。

 

★「創業計画書」ケーススタディは、就活と対比させながらポイントを解説、将来に向けての学びを深めました。

 

最後に「起業に必要なポイント」を学生に挙げてもらうと、

「元気・やる気」「人脈」「知識」「お金」「計画」「一歩踏み出す力」「行動力」「覚悟」と将来が頼もしく、実務経験を積んで躍進することを期待しています。

 

「財布というデバイスではなく、財布やお金に関するインフラに目を向けると良いアイディアが出そうと分かっておもしろい体験でした」

「他大学の学生との交流も新鮮で良い影響を受けました」

「起業の手前までを行うプログラムがあるとおもしろい」など、学生の前向きな感想を今後につなげていきたいと思います。

 

 

        

 

                             

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.