第5回プレ起業塾 終了しました

11月10日(金)、北九州市主催「北九州でIoT ~チャレンジ九州・ビジネスアイデアコンテスト~プレゼン審査」が商工貿易会館で開催されました。

 

今回は、過去にプレ起業塾に参加した学生を対象に参加者を募り、

将来の事業化を実現する契機として現実的な「生の事業提案」を見学しました。

 

書類審査を通過した12チームによるプレゼンテーション、ライトニングトーク、

審査、結果発表、総括が行われました。

 

チャレンジテーマ枠では、北九州市立大学山崎進研究室の学生4名が

クラウン製パン株式会社様に向けた「自パン機」を提案。

その他、九州、関東、関西からのエントリーのプレゼンが行われ、結果発表を待ちました。

 

チャレンジテーマ枠から3件、自由提案枠から2件が選ばれ、なんと前者枠の1社は、

北九州市立大学地域科目「まなびと企業研究Ⅰ」の特別講師として

1月に登壇の株式会社クアンド様(CEO 下岡 純一郎氏)でした。

 

参加した学生からは、「自分が面白いと思ったアイデアは、全て技術力に裏打ちされたものでした。

アイデアだけでは、魅力的なビジネスモデルの確立が難しいという点が興味深く思いました」

というコメントを貰い、人脈や発想も大切ですが、経験を積むことで知識や技術レベルを上げておくことが、将来の起業に繋がることを実感できたのではないでしょうか。

 

 

 

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.