地域連携シンポジウムin北九州 開催報告

平成30年11月17日(土)に地域連携シンポジウムin北九州を北九州国際会議場にて開催いたしました。

 

今回は地域企業の皆様を対象に、国内の第一人者である講師からSDGsの基本と世界の動向、企業が取り組むメリットや事例についてご講演いただき大学生と共にSDGsについて考えるワークショップも同時開催しました。

 

 

記念講演Ⅰ

「SDGsとは何か、世界の動向・日本の動向」

 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授 蟹江 憲史氏

 

 

 

 

記念講演Ⅱ

「SDGs~企業が取り組むメリットと事例等」

 SDGsパートナーズ有限会社 代表取締役CEO 田瀬 和夫氏

 

 

また、ファシリテータとして 福岡テンジン大学 学長 岩永 真一氏をお迎えして

ワークショップをワールドカフェ形式で行いました。

 

■SDGs時代の企業経営に向けた問い①

SDGsの達成に向けて今、私たちにもとめられているのは何でしょうか

 

     

 

■SDGs時代の企業経営に向けた問い②

SDGsの目標と現実(自社や自分)が目指す方向との間にあるギャップとは

 

 

 

 

 

■SDGs時代の企業経営に向けた問い③

SDGsの達成に向けて私たちの敵はなにだろうか?

その為に必要な武器とは?

 

  

 

今回、社会人から学生まで多種多様な職業・年齢の方々にご参加いただき

「SDGs」について教えてもらう、考えるだけでなく、

「未来に向けた宣言を行う」一歩踏み出すための貴重な機会になったのではないでしょうか。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.