第2回 学生&キャリアサポーター交流会 開催報告

2019年10月9日(水)に、「第2回 学生&キャリアサポーター交流会」を開催しました。

 

地域企業で働く若手社員の方々が“キャリアサポーター”として27社30名、学生の皆さん59名が参加しました。

 

まず、「交流会①」として3グループに分かれ、キャリアサポーターが自身の仕事のリアルな事情やプライベートとのバランスなどについてエピソードを紹介し、学生からの質問に答えました。

 

続いて、学生が全てのキャリアサポーターと交流できるようにグループを入れ替えて「交流会②」を実施しました。

後半はチームを2分割することにより、少人数で活発にディスカッションが行われるようになりました。

 

 

最後の「交流会③」ではチームをさらに細かく3分割することで、「仕事を辞めたいと思ったことはありますか?」

「有給って本当はとれているのですか?」」など、本音で語るという部分で学生とサポーターの距離がより近くなった様子でした。

 

 

柳井副学長による閉会挨拶の後、「フリータイム」では、交流会①②③の内容を踏まえて、学生が気になった企業のキャリアサポーターに直接声を掛けに行くなど積極的な姿勢も見受けられました。

 

 

ほぼ全ての学生がキャリアサポーターに知りたいことについて気軽に質問し、キャリアサポーターも自身の経験に基づいてオープンに答え、ざっくばらんな雰囲気のなか、盛況のうちに会を終えました。

また、参加者アンケート結果においても全体的な内容については100%の学生が満足し、対話・交流についても、98%の学生が満足しているという結果を得ました。

 

来年度以降も、学生の皆さんが仕事やプライベートの充実などについて考える上で役に立つ機会を提供していく予定です。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.