高大接続プログラム

※平成28年度実績であり、平成29年度以降は変更になる可能性があります。

高大接続について

若者の地域への定着を促進する上で、地域の大学等へ地元高校生の進学促進、地元進学率を向上させるという視点は欠かせません。北九州・下関まなびとぴあでは、このような高大接続の観点から、北九州市主催「北九州ゆめみらいワーク」に共催ならびにブース出展を行っています。

北九州ゆめみらいワークとは

「北九州ゆめみらいワーク」は「北九州の子どもたちが、大人と共にみらいの夢を。」をコンセプトに、地域の若者が早い段階から仕事や進学について考えるきっかけを作ること、学び育った地元で自分がどう働きたいか、どう関わっていきたいかを考えること、地元の魅力を知り、地元に対する自分の夢を抱くことを趣旨に開催される大規模なフェスティバルです。企業や大学等のブースやセミナーを通して、将来の自分や社会について考える機会を提供しています。

<平成28年度実績>

  • 実施日 平成28年8月26日(金)・27日(土)
  • 会場  西日本総合展示場 新館
  • 主催  北九州市
  • 共催  北九州商工会議所、北九州・下関まなびとぴあ 他
  • 来場者 のべ6,485名(うち学生5,056名)

北九州・下関まなびとぴあのブースでは、来場した学生に事業の紹介を行うとともに、ブースを訪れた学生に対し、本地域の魅力についてメッセージボードに自由に寄せ書きをしてもらいました。このメッセージボードは現在、まなびとJOBステーションで展示しています。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.