しごとZINプロジェクト

※平成28年度実績であり、平成29年度以降は変更になる可能性があります。

「しごとZINプロジェクト」とは

しごとZINE
  • 学生が少人数(2~3人)のチームで地域の企業を取材し、魅力発信マガジン『しごとZINE』を制作するプロジェクト!
  • 取材依頼から原稿作成、配布・広報まで、ほぼ全ての工程を学生が担当!
  • 電話やメールのマナー、原稿の確認などは地域の若手社会人(ボランティア)がサポート!

活動の流れ

  • キックオフミーティング

    活動の目的や進め方についてメンバー全員で共有することを目的に開催。社会人サポーターの協力のもと、マナーに関する研修や取材のロールプレイングなども実施し、取材に向けての準備・心構えを行います。

  • 取材依頼・取材撮影

    学校や学年の異なる学生が3人で1チームを組み、地域企業1社を取材。プロジェクトの説明や取材依頼の電話にもチャレンジします。

  • 取材記事の原稿作成・校正

    社会人サポーターの協力のもと取材原稿を作成した後は、全体ミーティングの場で他チームとの回し読みによる校正を実施。あわせて取材先企業への原稿確認も行います。

  • 表紙デザイン・編集記事企画制作

    表紙と巻頭巻末の編集記事は、企画から学生が担当します。読者(学生)が冊子に興味を持ち、メインとなる取材記事を読ませるためのしかけをゼロから検討します。

  • 配布・広報

    冊子が完成して終わりではありません。より多くの学生に手に取ってもらうため、大学や商業施設での配布や、飲食店等への設置依頼を行います。また、プレスリリースや新聞社などからの取材対応にも挑戦します。

  • 活動報告会

    活動の集大成!全チームが本プロジェクトを通じて学んだことについて、プレゼンテーションを行います。事前に社会人サポーターや事務局の指導を受け、何度も改善を重ねます。会の直前には学生だけで自主練習をしている場面もみられました。

実施期間

長期(平成28年度は7月末から12月末まで)

身に付く能力や得られるもの

  • 社会人基礎力

    主体的に取り組むことにより、さまざまな社会人基礎力を伸ばすことができます。

  • 地域企業への理解・関心

    地域企業を取材することで地域企業や働く人への理解・関心が深まります。

  • 社会人とのつながり

    取材先企業、社会人サポーターなど普段の学生生活では交流できないような人たちと関わりを持つことができます。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.