先輩の声

生まれ育った地元への愛着が原動力

大学選びの段階から「地元」は重要なキーワードでした。「下関はとても住み良い街なので、ずっとここで暮らしたい」「この街で勉強し、地域の役に立ちたい」「私立に比べて学費が安い公立大学に行きたい」という考えから下関市立大学経済学部国際商学科に進学しました。大学では、経済学・商学・経営学の基本理論をはじめ、金融・流通・貿易の実務などに関する知識を学びました。その後も生まれ育った地元への愛着は途切れることなく、実際に就職活動を始めた初期の段階で、すでに地元企業に的を絞っていました。その中で最初に内定をいただいた西中国信用金庫に縁を感じ入庫を決断しました。

地元の人脈と共通の話題が大きな武器に

入庫から現在まで、配属店の渉外係として営業活動を行っています。担当エリアの法人・個人のお客様を訪問し、お客様のニーズに合った預金や資産運用、融資等のご提案を行い、様々なご相談にも対応するのが私の仕事です。新人の頃、訪問先のお客様が出身校の卒業生であったり、幼馴染や同級生からローンの相談を申し込まれたり、地元の話題で会話が弾みお客様との関係が深まったりした時は、「県外就職では、このような好スタートは切れなかったはず。地元に就職してよかった」と心から思いました。もちろん、今でも地縁・人脈は、この街で仕事をする上で大きな武器になっています。
プライベートでも地元ライフを満喫しています。独身の頃は地元の友人とバンドを組んでいました。現在は妻と子どもを連れて下関市内や九州の人気スポットへ遊びに行くことが多いですね。夏はエメラルドグリーンの海が美しいことで知られる角島によく出かけます。

新鮮な気持ちを維持しながら仕事ができる幸せ

転勤は、だいたい3年に一度のペースです。転勤のたびに新鮮な気持ちになれますし、いろいろな店舗を経験し、いろいろな人々と出会うことができます。転勤と言ってもそこは地元金融機関ですから、引っ越しを伴うような配属は今のところありません。地元で暮らしつつ常に新鮮な気持ちを維持できること。それが地元信金で働くことのメリットの一つであると思います。
これからの目標は、一人でも多くの方を笑顔にすることです。地域のお客様の中には、様々なお困り事や悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。そうした個々のお客様の課題やニーズを発見し、それに見合った提案を行うことを通じて、何かのお役に立てればという気持ちを常に抱いて日々の仕事に取り組んでいます。私どもの働きかけがお客様の暮らしや事業のプラスになればとてもうれしいですね。常に地域に密着し、人と企業の元気づくりと地域の活性化に貢献する、そんな信金マンとしての仕事に誇りとやりがいを感じています。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.