先輩の声

地元のものづくりを支えたい!

私は地元の小倉工業高校で「ものづくりの基礎」を学び、高校卒業後は西日本工業大学に進学し、機械システム工学を専攻しました。高校・大学時代を通じて「将来は地元のものづくりを支えたい」と考えていた私は、新日鐵住金㈱への就職を志望。高校時代から鉄というものにずっと触れてきましたし、「鉄のまち・北九州市」の中心ともいえる新日鐵住金㈱は、あこがれの企業でした。幸いにも入社試験に合格し、夢の一歩を踏み出すことができました。もともと地元を離れるという気持ちはありませんでした。高校時代に就職課の先生と対話した時、北九州市には素晴らしいものづくり企業が豊富にあることを知ったことがきっかけで、「わざわざ地元を離れなくても、このまちには就職先の選択肢はたくさんある」ということを10代の頃から認識していたからです。もちろん、地元への愛着も地元就職の大きな理由です。

設備の安定化を図るやりがいのある仕事

入社後は八幡製鐵所の機械整備課に配属され、機械整備の基礎を2年間みっちり学び、現在は戸畑製銑地区整備課で設備保全の仕事をしています。現場で重要なのは、機械を直す技術だけではなく、劣化や異常の原因を究明することです。「無理な使い方をしていないか」、「部品の材質はこのままでいいのか」など、整備部門の私たちが問題提起して会社全体で改善することが、事故防止と効率アップにつながります。また、機械、設備には寿命というものがあるのですが、この寿命を延ばすために自分たちの知恵を駆使して新規設備を設計したり、新商品を使用したり、いろいろ試行錯誤しながらベストの方向を探っていきます。その結果、実際に機械や設備の寿命が延びた時には、大きな達成感と仕事へのやりがいを感じます。常に鉄や設備保全に関する知識や技術を学んでいなければできない仕事ばかり。この仕事ができるのは、行き届いた社内教育システムや上司・先輩からの熱心なご指導の賜物と言っても過言ではありません。特に上司や先輩の皆さんは本当に頼りになり、いつも感謝しています。中学から大学までバレーボール一筋の体育会系男子の私にとって、昔ながらのタテ社会が生きているこの職場は自分にはぴったりで、とても働きやすいですね。

「人の温かさ」を感じながら充実した日々を過ごす

地元就職のメリットは、親が困った時、何かあった時、すぐに駆けつけることができること。また、北九州市の魅力である「人の温かさ」を感じながら、日々過ごせることではないでしょうか。ひとつのことをみんなで取り組んだり、自分の利益にならなくても隣の人を助けたり、そういうことが当たり前のようにできる風土が、このまちにはあると思います。そうした中、私も人間関係においてはできるだけ一歩踏み込むことを心がけています。日々のコミュニケーションで、何でも言える関係を築くことは大切です。特に上司や先輩は、いつも二手、三手先を読んでいる存在だと思います。だから壁を作らず本意を聞き取ることが自分の成長につながります。学生の皆さんも今のうちから積極的に人と関わり、コミュニケーション能力を磨いておきましょう。そのことが、社会に出た時に大きな力になると思います。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.