先輩の声

口腔ケアの大切さを知り歯科衛生士を目指す

私が歯科衛生士という仕事に興味を持ったのは、介護福祉士をしている母に勧められたことがきっかけでした。母との会話の中で、口腔ケアの大切さや歯科衛生士が人々から必要とされていることを知り、歯科衛生士の仕事にとても魅力を感じました。高校生になってからも歯科衛生士になりたいという思いは一層高まり、高校卒業後は、北九州市小倉北区にある九州歯科大学歯学部口腔保健学科に進学。全国でも数少ない4年制の歯科衛生士教育機関であり、しかも、実家から近くにあるという点が選択の決め手となりました。1年生の時は一般の大学と同じように教養科目を中心に学び、2年生から医学や歯学の専門的な勉強を行い、3年生から実践実習に入り、歯科衛生士に必要な技術力を養いました。就職先は開業医ではなく大きな病院を希望。幸いにも地元の戸畑共立病院にご縁をいただき、歯科衛生士としての一歩を踏み出すことができました。

患者様との距離を縮めてくれる「地元北九州の話題」

私の勤務する戸畑共立病院では、歯科衛生士の業務は大変幅広く、歯科治療のアシスト、歯科予防処置、歯科保健指導に加え、入院患者様の口腔ケア、全身麻酔手術のアシスト、訪問診療、関連施設への往診などがあります。その中で現在私は入院患者様の口腔ケアを担当しています。入院患者様の中には、口の中を見せることに抵抗を感じる方もいらっしゃいますので、患者様との心の距離を縮めるようなコミュニケーションを心がけています。その時に役に立つのが地元北九州の話題。共通の話題で雑談ができると、一気に距離が縮まります。とにかく自分の仕事を通じて患者様やご家族に喜んでいただいた時は「この仕事をしていて良かった」と、うれしい気持ちになります。先輩方も熱心に指導してくださるので、とてもありがたいです。まだ手探りの部分が多いですが、患者様の口腔内をきちんと評価し、患者様の必要とされるケアが行えるよう、日々成長していきたいと考えています。

学生時代の友人が身近にいて心強い!

私にとって地元就職の良さとは、学生時代からの友人が近くにいることです。困った時に頼れるという安心感がありますし、勤務を終えた後、一緒に食事をしたり、休日は遊びに行ったり、旅行に出かけたり、息抜きをすることができます。また実家に住むと一人暮らしに必要な経費が軽減されるため、お金を貯めることができます。また、北九州市は、山・川・海といった自然が身近にありながら、都会的な商業施設が充実した、大変住み心地の良いまちです。空港や新幹線駅もあり、どこへ行くにも便利なアクセス環境は、旅行好きの私にとって大きな魅力です。住み慣れたこのまちで、人の役に立つ専門職である歯科衛生士として働くことに喜びを感じています。

COPYRIGHT © KITAKYUSHU-SHIMONOSEKI MANABITOPIA. ALL RIGHTS RESERVED.